四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > 他社との差別化を図る秘密兵器・バレルめっき新システム vol.200

他社との差別化を図る秘密兵器・バレルめっき新システム vol.2002020.09.28

他社との差別化を図る秘密兵器・バレルめっき新システム

バレルめっき装置に、こんな悪いイメージをお持ちではないでしょうか。

「薬品汲み出し量が多い」
「通電効率が悪い」
「作業負荷が大きい」
「作業環境が悪い」

そして、めっき工場は3Kの代名詞のようにも言われています。

果たしてそうでしょうか?
無駄なランニングコストがかからず、作業環境が良いバレルめっき装置がある!

そんな事考えたことも無い!出来っこ無い!でしょうか?

今やバレルめっき装置は、1日24時間、月30日稼働、無人化に近い生産も可能なのです。
コロナ禍、アフターコロナの生き残りを目指し「三隆製作の新システムバレルめっき装置」をご検討ください。

50%の減産でも利益を産み出し、収益力向上、めっき臭くない工場、作業環境改善、人手不足解消が可能なめっき装置です。

農業・漁業・酪農等の一次産業では「見える化」を導入して明るい未来の産業へと業態改革が進められています。
めっき業界でも「見える化」を取り入れ、作業者の労働負荷軽減を図りましょう。

今、世界的にも経済的転換点を迎えています!
他社との差別化を推し進めるためには「秘密兵器」が必要です。
思い切った戦術を導入される刻だと思いませんか?

株式会社 三隆製作ホームページ内、四方山(よもやま)話をお読みください。
「眼から鱗」の情報をお伝えしています。

省エネタイプ、エレベーター型亜鉛バレルめっき装置のリーディングカンパニー
三隆製作<お問い合わせ先>
http://www.mitaka-seisaku.co.jp/contact/

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ