四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.100 映画「奇跡のリンゴ」を観て

vol.100 映画「奇跡のリンゴ」を観て2013.07.01

映画「奇跡のリンゴ」を観て

週末、話題の映画「奇跡のリンゴ」を鑑賞しました。
主人公がリンゴ栽培に関わり、無農薬栽培を志し挫折と苦闘を歴て成功に至る物語
でした。
感じたことは多くありました。
人間が地球にとって一番の害虫だと言う事。自然の内にある共生を無視し、
自分の都合で壊し、果実に付く虫を農薬で駆除し、それが原因で発生する
公害を正当化しようとする。

今、地球上で起こり始めている自然現象(温暖化・干ばつ・洪水)も経済活動の
結果であると気づきながら、己の欲望の為に「経済活性」と言う御題目の下に
手を拱いているのが現状です。
対処療法ではなく、根本的な手を打ち出すべき時期に来ていると思います。
この映画の中で、主人公が気づいた「自然の共生」による解決策に学ぶ処が
あります。押さえつけるのではなく、褒めて育てる。
無駄な仕事を排除し自然の力を発揮するようにお手伝いをする。
この方法が地球環境に対する負担を軽減し、自然現象の正常化に役立ち、
経済も活発し、争いごとも軽減するのではないかと考えます。

めっきでも同じ事が起きています。
無理矢理に電気を流し、薬剤を投入して膜厚の折出を均一化しようとする。
その結果、無駄に電気を消費、薬品を大量に消費、アルカリミストを撒き散らし
作業環境を悪化させています。
そのようなやり方を改め、本来の特性を活かす方法を採用して、節電・節約・
作業環境改善!
しいてはコストダウンに役立てましょう!!!!!

目を向けるべきところを探しましょう!!!

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ