四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.24 生産ラインでのめっき膜厚試験結果

vol.24 生産ラインでのめっき膜厚試験結果2010.05.11

■今回は、実際の生産ラインで行っためっき試験結果を公開いたします。

今回の試験は、今年1月の弊社内覧会でご覧いただいた装置(補助陽極付の開放型
バレルでめっきを行う連続ベーキング炉付亜鉛バレルめっき装置)で行いました。
本装置は、新規の温室効果ガス排出削減方法論の確立が見込まれる事業として認定
された装置であり、従来と比べて大幅な二酸化炭素排出量削減、ランニングコスト
削減が可能です。

試験は、M6×12のボルトを70分間めっきし、後処理後に膜厚を測定したものです。
後処理後の膜厚8μmを目標としましたが、従来と比べ補助陽極の面積を大きくし
平均で10.31μmという良好な結果が得られました。
詳細は、以下 ~めっき試験報告書~ をご覧ください。

ご興味、ご不明点、ご質問等がございましたら遠慮なく弊社までお問合せください。


株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ