四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > めっき装置導入時CO2発生量比較 vol.239

めっき装置導入時CO2発生量比較 vol.2392021.12.06

めっき装置導入時CO2発生量比較

今後、めっき業界もメーカー様から「CO2発生量」削減要請があると考えています。
その際にはめっき加工時の「CO2発生量」提示を求められることになるでしょう。

めっき加工の「CO2発生量」は、現在「電気使用量」と「LPG・LNG使用量」になります。
今後、薬品製造過程における「CO2発生量」も加算されるようになった場合は、薬品使用量も削減対象になると思います。

弊社の新システム亜鉛バレルめっき装置は、「より少ない電気使用量で」、「より少ない薬品使用量で」、「より少ないガス使用量で」をテーマに掲げ製作しております。
電気、薬品、ガス、全ての使用量の削減から、「製品加工あたりのCO2発生量削減」をご提案します。

新たにめっき設備をお考えであれば「三隆製作 新システム亜鉛バレルめっき装置」をご検討ください。

 

省エネタイプ、エレベーター型亜鉛バレルめっき装置のリーディングカンパニー
三隆製作<お問い合わせ先>
http://www.mitaka-seisaku.co.jp/contact/

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ