四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > PVC樹脂加工から。53年の経験と実績 vol.238

PVC樹脂加工から。53年の経験と実績 vol.2382021.11.22

PVC樹脂加工から。53年の経験と実績

弊社は1968年にエレベーター型亜鉛バレルめっき装置の開発をはじめました。
それから53年の歳月が流れ、今日に至ります。
当初からPVCの樹脂加工も手掛けており、バレルドラムを中心に置いた めっき装置の開発を強みの一つとしています。

バレルドラムの仕様も含めた、生産性向上・ランニングコスト削減・地球環境負荷軽減
めっき臭くない工場・工場外無排水処理システム 等
「2050年脱炭素社会」、「カーボンニュートラル」に適合しためっき装置をご提案させて頂きます。

 

【オリジナル バレルドラム】
1. 開放型バレルドラム(蓋無し)
2. 開放型バレルドラム(ドラム内陽極設置タイプ)
3. 円筒形状バレルドラム(ドラム内拡散棒設置タイプ)
4. 軸部開放型バレルドラム
5. 軸部開放型・蓋無しバレルドラム(カタツムリ)

 

【新システム亜鉛バレルドラムめっき装置の特徴と取り組み】
1. 電流密度 0.4A/dm2 ~0.5A/dm2・めっき時間 80分
2.「汲み出し」をゼロに近づける「長穴・液切り動作」「洗浄・ブロー」
3.「給水使用量を少なくし工場外へ無排水処理システム」

現在、弊社工場内に試作機が展示してあります。
コロナ禍のため、ご見学は1日あたり1組2名限定とさせていただいております。

 

省エネタイプ、エレベーター型亜鉛バレルめっき装置のリーディングカンパニー

三隆製作<お問い合わせ先>
http://www.mitaka-seisaku.co.jp/contact/

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ