四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > めっき専業工場の生き残り戦略・未来を設計する vol.181

めっき専業工場の生き残り戦略・未来を設計する vol.1812019.02.04

めっき専業工場の生き残り戦略・未来を設計する

米中貿易摩擦、EUからの合意なき離脱、世界経済の減速等で不透明感が高まり、国内製造業ではその影響が顕著に現れてきています。

売り上げの減速・人手不足・設備老朽化を克服し生産性の向上・収益力の向上・作業環境の改善を達成する為には、戦略が必要です。

弊社新システムバレルめっき装置では、IoT・無人化・5G をキーワードに、生産性の向上・収益力の向上・環境改善・排水処理負担軽減を達成したいと考えています。

別槽溶解・1バレル1電源・定電流制御を実現して膜厚析出をコントロールすることが可能となります。

各工程の薬液温度・pH・濃度・稼働率・生産状況を「見える化」することにより、作業負荷を軽減出来、また作業全体を把握して再めっきを無くし、生産効率を高める事が可能になります。

これからは淘汰の時代を生き残る戦略を描くことが重要です!
政府が中小・零細企業を応援する優遇措置を打ち出している今がチャンス。
未来のために今、成すべきだと思います。

計画立案 → シュミレーション → 実行

三隆製作は、貴社の計画立案・シュミレーションをお手伝いいたします !
ご相談ください。

 

省エネタイプ、エレベーター型亜鉛バレルめっき装置のリーディングカンパニー
三隆製作<お問い合わせ先>
http://www.mitaka-seisaku.co.jp/contact/

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ