四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > 亜鉛ニッケル合金めっきを弊社新システムで vol.176

亜鉛ニッケル合金めっきを弊社新システムで vol.1762018.05.17

亜鉛-ニッケル合金めっきを「弊社新システムめっき装置で」
生産性の向上とランニングコスト削減 !!!

 

亜鉛-ニッケル合金めっきは、浴電圧が高くめっき効率が悪いため、
1バレルあたりの通電量も400Aと設定しています。

整流器 18V × 500A/バレル
電流密度 0.4A/dm2~0.5A/dm2
1000dm2/バレル~800dm2/バレル

M6・M8サイズは電流密度0.5A/dm2
M10以上は0.4A/dm2と考えています。

M6・M8サイズの投入量は50kg/バレル~75kg/バレル
M10以上の投入量 130kg/バレル、 平均投入量 100kg/バレル

【亜鉛-ニッケル合金めっき装置の検討】
1バレル・1電源方式 膜厚10μm 対応

電流密度 M6・M8サイズ  0.5A/dm2・800dm2/バレル
めっき時間   100分
電流密度 M10以上 0.4A/dm2・1,000dm2 /バレル
めっき時間   100分
投入量 M6サイズ  50kg/バレル
     M8サイズ  75kg/バレル
     M10以上  130kg/バレル、平均投入量 100kg/バレル
タクトタイム  5分タクト
 稼働時間  24時/日・25日/月
 稼働率  90%
 生産量  6,480バレル/月   648T/月

 

1.  電気使用量 10,5300kwh/月 ・ 189.5万円/月
整流器駆動 130kw/h ・ 70,200kwh/月
装置駆動・付帯機器駆動 65kw/h ・ 35,100kwh/月

2.  薬品使用量 3,240L/月 × 776円/L = 251.4万円/月
汲み出し量 0.5L/バレル × 6,480バレル/月 = 3,240バレルL/月

3.  亜鉛板使用 3.8T/月 × 470円/kg = 178.6万円/月
800dm2/バレル × 10μm × 0.0714 = 571.2g/バレル
571.2g/バレル × 6,480バレル/月 = 3.8T/月

4. ニッケル板使用量 304kg/月 × 2,200円/kg = 66.9万円/月

5. 給水使用量(排水処理費用)   1,200m3/月 × 250円/m3 = 30万円/月

1.~6総計  716.4万円/月 ÷ 648T/月 = 11.0円/kg(ランニングコスト)

 

売り上げ   648T/月 × 200円/kg =  1億2,960万円/月
ランニングコスト   648T/月 × 11円/kg =  712.8万円/月
粗利益   1億2,247万円/月
粗利益率  94.5%

 

省エネタイプ、エレベーター型亜鉛バレルめっき装置のリーディングカンパニー
三隆製作<お問い合わせ先>
http://www.mitaka-seisaku.co.jp/contact/

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ