四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.81 長ものボルトの膜厚分布

vol.81 長ものボルトの膜厚分布2012.09.26

長ものボルトの膜厚分布

バレルドラムに入れてボルトをめっきをする場合、ボルト各部分(頭部・軸部・先部)
に折出する膜厚は均一ではなく、偏ったったものになります。
細くて長いボルトはボルト自身が絡まり合い、バレル内で充分な攪拌がされないため
さらに膜厚の偏りが大きくなる傾向があります。

また、太くて長いボルトの場合はリード線を巻込みスパーク現象を発生させる要因
となります。従って投入量を調整するしかなく、生産性が上がりません。

ワッシャー・スプリングワッシャーの着いたボルトの場合は、さらに厄介です。
理由は、表面積が大きくなり、ワッシャーのついた軸部は陰になりめっきが折出し
にくく、逆にスプリングワッシャーの切り口にはめっきが折出しやすいからです。
結果として、そこにめっきの欠けが起こるため耐蝕性能に影響をおよぼします。

このようにボルトのめっきには多様な要素があるため、従来は職人的勘で投入量を
調整しながら生産をしてきました。

最近はボルトメーカーの要求度も高くなり、着きにくい部分(長ものの軸部)の膜厚が
基準になりつつあります。これは、めっき業者としてさらに生産性を損なうもので
あり、生産コストが維持出来なくなっています。
しかし、海外ではそのよう精度の要求は無く(めっきレベルは低く)コストのみで比較
されてしまいます。
このような不利な条件下でコスト削減の要求はエスカレートしているのです。
そのため、手足を縛られた格好で競争を強いられているのが現状です。

上記の特性を理解して、生産性を拡大・膜厚の均一性を維持・通電電気量を削減し
コストを削減をする装置を導入すべきです。

以下の表は 弊社装置で長ものボルトのめっき膜厚分布測定実験をしたものです。
ご参照ください


MITAKAのめっき装置は、品質・生産性・コストパフォーマンスを備えた設備です。

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ