四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.70 社内に眠る埋蔵金の計算方法

vol.70 社内に眠る埋蔵金の計算方法2012.04.26

社内に眠る埋蔵金の計算方法

まず、実際稼働しているラインの現状分析を行います。
<現状ライン>
タクトタイム     5分タクト
装置タイプ      ダブルバレル キャリアータイプ
めっき時間      60分(有効57分)
通電限界       15V  700A
投入量        M6・・・40kg
M8以上・・・MAX70kg
平均投入量      55kg
稼働時間       24h/日  25日/月
生産量        750t/月
表面積        636dm2~700dm2/バレル
薬品汲み出し量    3L/回  36L/h  21,600L/月
給水量        10L/h  6,000L/月

めっき効率
1.1A/dm2 × 0.285 × 57分 = 17,869μm
めっき膜厚管理 平均10μm (めっき上がり)
めっき効率  10 ÷ 17.8 = 0.56 → 56%  – M6サイズめっき時

1.0A/dm2 × 0.285 × 57分 = 16,245μm
めっき効率  10 ÷16,245 = 0.61 → 61% – M8サイズ以上めっき時

整流器 使用電気量
15V × 700A ÷ 1000 ÷ 0.82 × 24台 = 307.3 KW/H

電解熱
15V × 700A × 0.86 × 24台 × 0.7 = 151,704 kcal/H

ベーキング炉 使用電気量 (予測)
150,000kcal ÷ 860kcal/KW = 174.4 KW/H

装置駆動 ・付帯機器駆動 使用電気量
750,000 kg× 1.5円/kg ÷15円/KW = 75,000KW
75,000KW ÷ 24h/日 ÷ 25日/月 = 125 KW/H

次に、新ラインのランニングコスト分析をします。
現状ライン(5分タクト)に対して、4分タクトの提案をしました。
<新ライン>
タクトタイム     4分タクト
投入量        84kg/バレル
めっき時間      80分(有効78分)

整流器使用電気量 平均 1,000dm2/バレル
8V × 500A ÷ 1000 ÷ 0.82 ×20台 = 97.56 KW

電解熱
8V × 500A× 0.86 ×20台 × 0.7 = 48,160 kcal/H

ベーキング炉使用電気量
67KW/H

装置駆動・付帯機器駆動 使用電気量
750,000 kg× 1円/kg ÷ 15円/KW = 50,000KW/月
50,000KW ÷ 24時/日 ÷ 25日/月 = 83.3KW/H

そして<現状ライン>と<新ライン>のコスト比較表を作ります。


このように分析計算して比較をすると毎年のムダ=眠っていた埋蔵金が見えてきます。
上記の場合、電気代だけで年間 4,100万円のコスト減!!
三隆製作は貴社に最適なめっき装置をご提案し、「御社の埋蔵金」を発掘します。

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ