四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.42 今 ご使用になっているめっき装置の埋蔵金を見つけます!!

vol.42 今 ご使用になっているめっき装置の埋蔵金を見つけます!!2011.02.22

めっき設備を新設する際、どんな条件を重視しますか?

  1. 生産能力
2. 品質保証
3. 作業者数

上記3点は当然ですね!
ですが、これだけでしょうか?

客先からはコストダウンの要望がきていませんか?
仕事量は増えないが、単価の引き下げ要求は強い!
出来なければ他社へ!!と。

めっき設備を新設する際は、条件やイニシャルコストだけでなく 
旧設備のランニングコスト(電気代・ガス代・薬品代・水道代)を
確認して、ランニングコストを削減する設備
を考えませんか?

実は、表面処理工程にはランニングコスト削減に取り組む項目がたくさん
あるのです。
日本国内のめっき単価は、海外と比較すると30%~40%高いと言われて
います。もちろん人件費の違いはありますが、表面処理の場合 人件費
の違いだけで、これほど差がでるでしょうか?

弊社ホームページを立ち上げて以来、私が皆様にご提案してきたことは、
現状のコストを確認し、そこからムダを取り去れば 年間5000万円~
1億円
の埋蔵金を発見できるということです。
それは、CO2排出を削減することにも繋がり、環境負荷の軽減にもなります。
まずどのくらいの埋蔵金が出るのか試算してみませんか?

先日も中国製の装置と比較した場合、ランニングコストで年間1億円の
埋蔵金を発見しました。

現在、あなたの会社がご使用の装置の仕様と生産量、どんな製品か等を
こちらの用紙→「現状ご使用の装置について(pdf)」にご記入の上、
FAXまたはE-mailにて返送ください。
御社の埋蔵金量を計算します。
なお、ご不明点、ご質問等があればお気軽にご連絡ください。

表面処理工程を1つ1つ見ていくとムダを出している箇所が多く
ありますが、私たちがまだ気づいていない点もあると考えています。
皆様がお気づきの点がありましたらお知らせください。
対応させていただいきます。

皆様とともに表面処理業界の埋蔵金発見を増やしていきたいと思います。
ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

次回は、海外の表面処理事情をご紹介します。
記事UPは3月10日の予定です。

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ