四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.38【めっき新方式の提案 №1】続タッピングボルト

vol.38【めっき新方式の提案 №1】続タッピングボルト2010.12.24

【めっき新方式の提案 №1】タッピングボルトにめっきする


それでは、前回計算した<従来の方式にかかる電気代>に続き、今回は
新方式にかかる電気代>計算します。

さっそく新方式でタッピングボルトをめっきする場合>のコスト計算です。
<条件>
【バレル寸法】  対角700mm
長さ800mm
長さ 500mm
バレル穴径 1φ~1.5φ
【バレル投入量】 80kg  MAX 100kg
【めっき時間】  70分
【整流器】    12V  1000A・・・18台
(トランジスター型 変換効率0.82)
【生産量】    1時間当たり 1500kg   月生産量 900t

上記条件の場合、
◎ めっきに係る電気代は、
12V×1000A÷1000÷0.82×18台×24H×25日=158,048KWH/月

◎ 電解熱による液温上昇を抑えるための電気代は、
12V×1000A×0.86×18台=185,760kcal/H
185,760kcal/H×0.8=148,608kcal/H
148,608kcal/H÷860kcal=172.8KW

172.8KWは、RCUP1800A5 チラーユニット相当(消費電力56.3KW)
56.3KW×24H×25日=33,780KWH/月

158,048KWH/月+33,780KWH/月=191,828KWH/月

191,828KWH÷900,000kg=0.213KW/kg
15円/KWH×0.213KW/kg=3.195円/kg (1KHW=15円で計算)

上記計算により、新方式でタッピングボルト 1kgをめっきするためにかかる
電気代は 3.195円 と、従来の7.755円から58.8%減!!

それでは従来方式から新方式へ変えた場合を具体的に比較します。
■ 生産性の拡大  生産量5倍
従来方式
1ヶ月 180t → 新方式 1ヶ月で 900t 生産量5倍

■ コスト削減  電気量58.8%減
従来方式
1kgあたり 7.755円 → 新方式 1kgあたり 3.195円

■ CO2排出量削減  年間 1,000t-CO2超
従来の方式で生産した場合のCO2の発生量は
0.517KWH/kg×900,000kg/月=465,300KWH/月
46.53万KWH×3.355t-CO2/万KWH=156.1t-CO2/月

新方式で同量生産した場合は
0.213KWH/kg×900,000kg/月=191,700KWH/月
19.17万KWH×3.355t-CO2/万KWH=64.3t-CO2/月

年間発生量の差は
156.1t-CO2/月-64.3t-CO2/月=91.8t-CO2
91.8t-CO2×12ヶ月=1,101t-CO2/年
年間 1,101t-CO2削減できます。

ご質問等ございましたら、お気軽にお電話、メール等でお問合せください。
なお弊社は、12月29日より 1月5日までお休みを頂きます。
お問合せに対するお返事が1月6日以降になりますことをご了承ください。

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ