四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.3 薬品使用量削減・節水方法!

vol.3 薬品使用量削減・節水方法!2009.10.06

●薬品使用量削減方法
バレルめっきの場合、薬品使用量=薬品汲み出し量 であることは知られていることですが、
その汲み出し量をどのように測定するかはあまり知られていません。
そこで一つ、簡単な計算方法をご紹介します。

あなたの会社では、脱脂剤の補給を毎日していますか?
もし毎日補給しているとすれば、バレルの汲み出し回数を記録し、脱脂剤の補給量を、汲み出し回数で割ることで計算できます。

<例> 脱脂剤40kgを毎日補給。バレル汲み出し回数は1日300回の場合。
40,000g÷300回=133.3333g  汲み出し一回の量 約133g
濃度管理 70g/Lとすれば、133g÷70g=1.9L/回
毎回 1.9Lの汲み出し量があると計算できます。

この汲み出し量を工夫して減らし、0.75L/回(当社実績)とすることができれば
上記の装置であれば、(1.9L-0.75L)×300回×22日/月=7,590L の汲み出し量を
削減することができ、 7,590L×70g=531kg の脱脂剤を毎月節約することができるのです。

●節水方法
御社のラインでは、何トンの水を使用していますか?
何を基準に給水をしていますか?

私どもは薬品の汲み出し量を基準に給水量を決めています。
さらに向流水洗をし給水箇所を少なくする工夫もしています。

ところで、排水処理場で1m3の排水を処理するためのコスト(薬品代+電気代)は
いくらになるかご存知でしょうか?
実際、排水処理のコストは、1m3当たり 325円~350円かかっています。

従来、2分タクトで 1バレル当たり50kg処理できる装置の場合、給水量は1時間 7トンでした。
ですが、内覧会(9月20日~9月27日開催)で展示した弊社新ラインの汲み出し量は
1時間当たり10リットルです。 給水量は、1時間当たり1トン、1日に24トン、
1ヶ月で600トンです。

従来の装置と比べますと( 1日24時間、月25日稼動ラインの場合 )
(7t-1t)×24時間×25日=3,600t
1ヶ月 3,600トンの節水が可能です。
1ヶ月当たり、3,600t×(325円/m3~350円/m3)=1,170,000円~1,260,000円のコストダウンとなります。
年間 排水処理費用だけで1,458万円のコスト削減が可能なのです。

この機会に、御社のラインの汲み出し量、給水量(排水量)を確認してみてください。

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ