四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > 亜鉛めっきはジンケート浴の特性を利用する! vol.146

亜鉛めっきはジンケート浴の特性を利用する! vol.1462016.10.10

亜鉛めっきはジンケート浴の特性を利用する!

1. ジンケート浴の電流密度とめっき効率の関係
1) 電流密度 0.5A/dm2付近では、めっき効率が 90%以上
2) 電流密度 1.0A/dm2付近では、めっき効率が 70%前後
3) 電流密度 2.0A/dm2付近では、めっき効率が 50%以下

以上の特性を活かして膜厚を折出させる事をしています。

ジンケート浴めっき効率
2. 100mm以下のボルトは1) 電流密度 0.45A/dm2・めっき時間 90分でめっきを実施。

100mm以上のボルトは、長さにより電流密度 1.0A/dm2~2.0A/dm2
めっき時間を55分 ~40分くらいでめっきを実施。

めっき膜厚テスト結果 ※画像クリックでpdfファイルが開きます。
 
 
 
 
 
 

3. めっき装置を設計する段階で、どんな製品を生産するのかを考えてジンケート浴のどの特性を利用するのかを選択します。

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ