四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.89「チャレンジ50とは」

vol.89「チャレンジ50とは」2012.12.18

『チャレンジ50』とは

弊社が提唱する 「チャレンジ 50」とは、めっき工程処理に使用する
すべての要素を 従来の50%に削減する ことを目標にしたものです。

 1. めっきを折出する為に使用する電気量を削減する。
   1) 低電流密度を使い、めっき時間を長くして電気使用量を削減。
2) めっき効率を上げる工夫をする。バレル穴・バレルドラム形状。
3) 電気抵抗を下げる工夫をする。陽極をバレル内に。
4) 電解熱の削減と電解熱の利用。めっき液温を30℃・35℃へ。

 2. 薬品使用量を削減 ・給水量を削減する。
   1) バレルドラムによる薬品汲み出し量を1/2~1/3に。
2) クロメート処理カゴの汲み出し量を1/3に。
3) 薬品汲み出し量が削減すれば給水量は当然削減できる。
4) 排水処理場へ負担軽減、更に給水量を操作する事により給水量の削減。
5) スラッジの削減。

 3. めっき作業に携わる人員を削減する。
   1) 処理工程における自動化。
2) 投入量の増加によるタクトタイムの延長。

 4. 排水処理量を削減する
   1) 薬品の汲み出し量が削減すれば、給水量が削減する。
そうなれば排水処理量は当然削減する。

 5. ベーキング処理炉に使用する熱源使用量を削減する。
   1) 熱源が電気・LPG・LNGであれ、使用量を削減。

現在の経済戦争を生き残るためにも「新兵器」が必要です!!
ご相談ください!

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ