四方山ばなし

ホーム四方山ばなし > vol.83 新方式でめっきする。M6×10ボルト・M6フランジナット

vol.83 新方式でめっきする。M6×10ボルト・M6フランジナット2012.10.10

M6×10 ボルトにめっきをする(膜厚8um以上)
<条件>
製品投入量   40kg/バレル
電流密度     1.0A/dm2
めっき時間    50分
平均膜厚     10um

● 従来の方法でめっきをする
M6 ×10 の表面積は 16.1dm2/kg なので、1バレル当たり
644dm2となり644Aの通電が必要でした。
必要電気量 : 15V × 644A ÷ 1000 ÷ 0.82 × 50分/60分 = 9.82kwh
電気代を1kw当たり15円とすると製品1kg当たりのめっき単価は、
9.82kwh × 15円/kwh ÷ 40kg = 3.68円/kg
表面積当たりでは、0.228円/dm2

● 弊社 新ラインにてテスト
<条件>
投入量 60kg/バレル
通電量 435A/バレル
めっき時間 90分
平均膜厚 11um

必要電気量 : 7.4V × 435A ÷ 1000 ÷ 0.82 × 90分/60分 = 5.88kwh
製品1kg当たりのめっき単価 : 5.88kwh × 15円/kwh ÷ 60kg = 1.47円/kg
表面積1dm2当たりでは、0.091円/dm2

400t/月を生産した場合、従来と弊社新ラインとのコスト差は、
400t × (3.68円1.47円) = 88.4万円/月
1年では1,060万円の差になり、年間1,060万円の電気代が
削減できます。

生産の拡大をお望みなら投入量を80kg/バレルにし、月生産量
576tが可能です。
塩水噴霧試験168時間 — 白錆0% (3価白・黒 共に)

M6 フランジ ナットにめっきをする 膜厚5um以上
ナットは、表面積も大きく、製品がバレルドラム内壁に張り付き、
製品同士が重なり合うため、めっきが折出しにくい厄介なものです。
ボルトと同じ測定点(頭部側面)では、30%ほど膜厚が少ないのです。
そのため、従来の方法でめっきをする場合 投入量を減らすか
めっき時間を長くするしかありませんでした。

M6 フランジナットの表面積は 20dm2/kg。
● 従来の方法でめっきをする
バレル投入量が30kgの場合、表面積は 600dm2/バレル
電流密度 1.0A/dm2 めっき時間50分で通電するためには
600A/バレルを流す必要があった。
それでも平均膜厚は7.5umでした。
必要電気量 : 15V × 600A ÷ 1000 ÷ 0.82 × 50分/60分 = 9.14kwh
電気代を1kw当たり15円とすると製品1kg当たりのめっき単価は、
9.14kwh × 15円/kwh ÷ 30kg = 4.57円/kg
表面積当たりでは、0.228円/dm2

● 弊社新ラインにてテスト
<条件>
投入量 50kg/バレル
通電量 350A/バレル
めっき時間 90分
平均膜厚 9.5um

必要電気量 : 5.5V × 350A ÷ 1000 ÷ 0.82 ×90分/60分 = 3.52kwh
製品1kg当たりのめっき単価 : 3.52kwh × 15円/kwh ÷ 50kg = 1.05円/kg
表面積1dm2当たりでは、0.0528円/dm2

1.05円/kg ÷ 4.57円/kg = 0.23
新ラインでは従来の23%の電気量で同じ膜厚を
折出させることが可能

300t/月を生産した場合、従来と弊社新ラインとのコスト差は
300t × (4.57円 – 1.05円)/kg = 144万円/月
1年で 1,44万円の差になり、年間 1,44万円の電気代が
削減ができます

生産性の拡大をお望みなら投入量を80kg/バレルにして、500t/月まで
生産可能!!
塩水噴霧試験 168時間 — 白錆0% (3価白・黒 共に)

三隆製作は、貴社の競争力強化のお手伝いをいたします!
お気軽にご相談ください。

株式会社 三隆製作

〒434-0046
静岡県浜松市浜北区染地台六丁目5番12号
TEL:053-584-5539(代)
FAX:053-584-5540

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ